スポンサーリンク

東武鉄道の時刻表、路線図や運賃などのお役立ち情報のまとめ





東武鉄道は生活には欠かせない会社。
そんな東武鉄道についていろんな角度から掘り下げていきたいと思います。

東武鉄道の特徴

東武鉄道は、関東圏の中では営業距離が私鉄では一番長いです。
路線図を見てわかる通り、東武東上線以外は浅草が起点となっていて、
群馬県と栃木県にまたがって運営されています。
東武東上線が他の東武線と離れているのは、
元々は東上鉄道という私鉄を東武鉄道が買収したのがその名残であり池袋起点になっているわけです。

東武鉄道の特急

東武鉄道の看板特急は、スペーシアあり世界遺産の日光と浅草を結んでいます。
何より、特急列車なのに個室がある事と車内販売で生ビールが買えるというのが最大の特徴です。
新幹線ですら生ビールが車内販売ではありませんので、生ビールを飲みつつ優雅に旅行気分に浸る事ができます。

東武鉄道の特典

そして、やはり日光方面へのお得な切符も販売されています。
日光・鬼怒川地区周辺の鉄道とバスが乗り放題で特典もついている切符を販売していたり、
東京スカイツリー観光に合わせたお得な切符も販売しています。
鉄道沿線の観光客をいかにして呼び込もうとしているのが東武鉄道の特徴です。

東武鉄道の時刻表

時刻表をインターネットで確認できるのは当然ですが、
携帯ネット会員サービスに登録していれば運行情報がメールで届いたり、
チケットレスサービスを受ける事が出来ますので、東武鉄道沿線に住んでいる人は登録しても損はしません。
そして、東武東上線には着席整理券を購入すれば確実に座る事が出来るTJライナーを走らせています。
これは時刻表で発車時間を確認してもらえばわかりますが、一日に上りは平日二本、下りは一日十三本走っています。
これも駅券売機のほかにチケットレスサービスでも乗車する事ができます。
時刻表

東武鉄道の魅力

このように、インターネットで特急券の予約と着席整理券の購入も出来ますので、
気軽に利用できるというのも東武鉄道の魅力です
意外かもしれませんが、乗り継ぎが良ければ浅草から福島県まで行けてしまいます。
その沿線には鬼怒川温泉や会津地方などの観光地があり、日本の原風景にふれた旅も良いかもしれません。

東武鉄道のからの乗り継ぎ

目的地への乗り継ぎでバスを利用する場合は「NAVITME」と「ジョルダン」がおすすめです。
・NAVITIMEのバス時刻表
NAVITIMEのバス時刻表では路線バス、高速バス、空港バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができます。
気になる方はNAVITIMEで検索してくださいね。

・ジョルダンのバス時刻表
ジョルダンのバス時刻表では路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができます。
全国668社の路線バス情報です。
気になる方はジョルダンで検索してくださいね。



Posted by may123