【JR東日本】山手線の特徴や路線図、停車駅、時刻表などのお役立ち情報のまとめ

2019年2月28日JR東日本, 電車





春になり新生活が始まった方も多いかと思います。
東京で新生活を送る方に便利なJRの時刻表や路線図をご紹介!
今回は、山手線について記事を少し書きます。

山手線とは

山手線は、日本の首都である東京の都心部で環状運転を行い、、
都心から各方面へと伸びるJR(在来線・新幹線)や私鉄各社の放射路線、
および都心部を走る地下鉄各線に接続しています。
1周の長さは34.5km、1周の所要時間は内回り、外回りとも標準で59分
ラインカラーは1963年登場の103系電車の車体の色に使用されたウグイス色であり、
駅ナンバリングで使われる路線記号はJY。

山手線特徴

山手線は右回りが円の外を走るので外回り、左回りが内回りと呼びます。
環状運転なので行き先(終点駅)表示はなく、駅の行き先案内は東京、上野、池袋、品川、新宿方面などの
主要な駅の方向表示だけなので注意してください。

内回り・外回りの見分け方
内回りは女性の声、外回りは男性の声となっており、
覚えておくと階段で無駄にダッシュしなくてもすみます。

山手線は1日何周するのか
19周するそうです。思っていたより多いですね。

山手線の駅で乗降客数が一番多い駅と少ない駅。
・一番多い駅は新宿駅でJR東日本のお客さんだけで148万人、一番少ない駅は鶯谷駅で約2万3千人です。
田舎じゃ考えられない利用者数ですね。

山手線で行けるお店
VIRON (ヴィロン)
パン・ケーキ・カフェ
渋谷駅:徒歩6分
営業時間・10:00~21:00

リール・ギンザ (Rire Ginza)
有楽町駅 徒歩9分(660m)
営業時間
・火~金11:30~21:00(L.O20:30)
土・日・祝11:30~20:00(L.O19:30)
定休日・月曜日・祝日の場合は翌火曜休み

山手線時刻表

1周:62分~69分
各駅距離が500m~2㎞位ですので、
数分で各駅に着きますし、1時間当たりの電車の本数が
3本~20本ありますので、目的地に行く電車から逆算すれば
スムーズに行くことができます。

山手線路線図

運賃
大人:750円、小児:370円で周回可能となっており、
時間が許す限り山手線を何周でもまわれます。
所要時間1周(62分~69分)
29駅あり終着駅がないので
14駅目の巣鴨と駒込が一番遠くなります(内回り・外回り)
大崎~駒込(31分)
260円
新宿~巣鴨(31分)
260円

大崎駅
五反田駅
目黒駅
恵比寿駅
渋谷駅
原宿駅
代々木駅
新宿駅
新大久保駅
高田馬場駅
目白駅
池袋駅
大塚駅
巣鴨駅
駒込駅
田端駅
西日暮里駅
日暮里駅
鶯谷駅
上野駅
御徒町駅
秋葉原駅
神田駅
東京駅
有楽町駅
新橋駅
浜松町駅
田町駅
品川駅




Posted by tabinavi